帯状疱疹はワクチンで予防できる

インフルエンザにかからないように予防接種をするように帯状疱疹にも予防接種は無いものかと思う人も多いのではないでしょうか。現在、日本には帯状疱疹ワクチンというものはありません。しかし、子供の水ぼうそうを予防するために作られた「水痘ワクチン」を接種すれば、帯状疱疹を予防する効果があります。

日本では、高齢者でも自費で水痘ワクチンを接種することができます。医療機関によっても異なりますが、1万円以下で摂取できます。もし帯状疱疹にかかって治療するその費用のことを比べて見ても、ワクチンを打つ費用の方が絶対に安上がりだといえます。ただし、帯状疱疹の予防に水痘ワクチンを接種するという考え方が、日本ではまだ浸透していないため、どんな病院でも予防接種をしてくれるとは限りません。

世界に目を向けてみると欧米先進国では、すでに帯状疱疹の予防のためのワクチン治療が行われています。このワクチンを接種することで、帯状疱疹の発症を約半数に抑えられることが証明されています。

また発症した場合でも、ワクチンを接種しなかった人に比べて、帯状疱疹後神経痛が残る人を3分の1に減らすことができるという研究発表があります。EUやアメリカでは、帯状疱疹ワクチンが許可されており、60歳になったら予防的にワクチンを接種することが推奨されています。


CSS3のMedia Query